2006年10月31日

モコの咳…

私、風邪をひいてしまいました。

たいしたことない…と市販の薬でごまかしていたら
こじらせました。

一番辛いのが咳。発作のように止まらなくなることもあります。

でも、人間の風邪なんていうものは、長年の経験上、慣れっこで
何の心配もないのですが…


先週末の土曜日のこと。

モコが今まで聞いたことのないような咳をし始めました。

「カハッ!ガハッ!ケホッ!」

始めは、何か喉に詰まらせたのだと思いました。
でも、すごい咳き込み!やっぱり変だ

…ということで、病院に行ってきました。

ところが…

診察の間中、モコは緊張のためか、ひとつも咳をしやしないふらふら

なので、正式な病名は出なかったのですが
ケンネルコフ疑いで
抗生物質に咳止めを数日分貰って来ました。

『ケンネルコフ』というと、怖い病気だと思っていましたが
どうやら、犬の咳の病気はこの病名がつくらしいです。
幼犬のケンネルコフは怖いけれど、成犬のこれは
お薬さえあれば治る病気のようです。

とりあえず、お薬を飲ませて様子をみて、ということで
帰ってきました。

診察中はしーんとしていたモコでしがた
家に帰ってからというもの、激しい咳が止まらない。

診察室でしてくれたらよかったのに。

風邪ひきのママが盛んにゲホゲホ咳き込んで
「モコが咳を…」と説明していたのに
モコは咳無し。

まったくぅ!
誰が病気から分からなかったし…

…と嘆くと、すかさず娘達。

「ママがモコにうつしたんじゃないの!?」

「違うから。人間の風邪はワンコにうつらないから!」

…(-o-;


ところで、困ったのが、ユウとナナ。

多頭飼いは1ワンが病気になったときが一番困るかも。

ケンネルコフだったら、うつるじゃないですかあせあせ(飛び散る汗)

ということで、慌てて病気のモコは別室に隔離。
可哀想だけど、しばらくお姉ちゃんの部屋にいてね。
一緒の部屋にいて、次々うつったらやっかいですもの。

私の風邪も、下の娘からうつったものですし…ε=o(´ロ`||)


そうそう、これからしばらく看病で忙しいかもしれない。

ママも病院に行ってお薬もらってこよ〜っと病院

ちょっとこじらせちゃったけど、ようやく病院に行けて
抗生物質と咳止めくすりをもらってヤレヤレ…と帰ってきた私に娘


「どうだった?ママ、やっぱりケンネルコフだって?」

はぁっ!?

だから違うってば!!(`ε´)!!





最近、めっきり登場回数の少ないユウとナナですが

元気にしてま〜す。

ナナ走る.JPG

走るナナダッシュ(走り出すさま)


ユウ走る.JPG

走るユウダッシュ(走り出すさま)

ニックネーム ゆきいちご at 06:06| Comment(0) | モコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント