2006年10月19日

避妊手術…中止

10月17日はモコの避妊手術。

そう決めて、心の準備をして来ました。

前回の乳腺腫瘍の手術後、元気に回復したモコでしたが
実は、摘出した乳腺の残りの部分に、また小さな小さなしこりを
先月発見。

8月の手術の時には無かったしこり…。
しかも、日に日に形がはっきりしてくるのが分かる。
何かの間違いであって欲しい…撫でていれば消えないかな…
なんて思いながら過ごした数日。

でも、消えるわけもなく、9月末に獣医さんに診てもらうと
やはり 乳腺腫瘍…

また出来てしまった。

そこで、10月17日の避妊手術では
子宮、卵巣と共に、前回2つの乳房を取った左側の、残りの部分の
摘出手術も併せて予定していました。

…それなのに

手術予定当日、病院に預けるために連れて行ったところ
術前診察で、右側にも腫瘍が発見されました。

数日前から「もしかして…」と疑うような手触りのものを
確認していたのですが、悪い方には考えたくなくて
「これは違う」と勝手に思っていたのですが…腫瘍でした。

おまけに、その新たに見つかったもののそばには
これから腫瘍になりそうな、怪しげなものが数個あるのだそうです。
ボコボコ沸いて出てくる腫瘍…
こうなると、乳腺を全部取ってしまうしかないそうです。

「それでは、避妊手術と左側残りの乳腺と右側の乳腺をいっぺんに
取ってください…どうせ全身麻酔をかけるのですから」

…と言いたくなる無知な私に

お医者さんは分かりやすく説明してくれました。

それだけの手術となると、3時間はかかる大手術になり
麻酔も強くかけなくてはならない。そして
摘出する部分が多い分
モコちゃんの痛みは相当なものになりますよ…と。

乳腺を摘出するということは、胸から下腹の、乳首がある部分を
皮膚ごと全部切り取るということなのだそうです。
前足の付け根から後ろ足の付け根まで大きな傷になるって…

素人の私としては、トリのササミの筋を取るように
乳腺だけツツーッと引っ張り出して摘出するのかと思っていたので
その説明を聞いただけでショック

ワンコのお乳は全部で10個あるそうです。
前回は2個取っただけなのに
びっくりするような、すごい大きな傷だったのに
今度は…

「7個取ることになるんですね…」 と私。

「…!?。いえいえ、8個です…」 と先生。

あ…まずい。

頭が混乱しているせいで

10−2= の計算も出来なくなってるよ、私。

モコの体のことを考えて、モコが一番辛くない手術を選んで
先々のことも考えて…と、いくつか先生が案を出してくれました。

・避妊手術は見送って、まず左乳腺片側摘出をして、3ヶ月後に
 右乳腺摘出をする方法。(モコの体にとってはラク)

・避妊手術は見送って、ちょっと痛みは我慢してもらうことにして
 1度に左右乳腺全摘出する方法。

・かなりの痛みを伴うけれど、2度と手術台に上がらせたくないという
 意向で、避妊手術+左右乳腺全摘出する方法。
 (先生はあまり薦めない…と言われました)


選択するのは飼い主に託されます。

えーーっ!( ̄□ ̄;)どうしたら良いのォ!?(T.T )( T.T)

とてもとても即決断は無理でした。

結局、最終的には「今日、明日を争う緊急なものではありませんので
よく考えて、ご家族とも相談して『よし!これで行こう』と
決めてから手術しましょう」…という先生の言葉に従って
この日の手術はキャンセル。

引き算の計算も出来ないようなパニックになった頭で決められる
ものではないですものね…

モコは乳腺に腫瘍が出来やすいタイプだそうです。
それを知るすべは無かったので、仕方ないけれど
モコが小さい頃に、もし避妊手術をしておけば…

タイムマシンで8年前に戻れたらいいのにな。

「チャンスがあったら、赤ちゃん生ませたいの♪」
「健康な体にメスを入れるなんて、可哀想」
「同じ女として、子宮と卵巣を取っちゃうなんて考えられない」

と言っていた私。

あの頃の私だって、モコに愛情を持って考えていたわけだから
責めようが無い。でも…

乳腺全摘出手術をするということは

モコは「乳首がひとつもない子」になるということ。

同じ女として、心が痛すぎる…

モコ、ごめんねもうやだ〜(悲しい顔)

帰宅後、家族に事情を説明しました。
娘達は「やるなら早く」と言うのですが
最終決定権を握っている私の心は完全に逃避行。

しばらくは、何も考えられないかな…かなり凹んでます














ニックネーム ゆきいちご at 17:12| Comment(4) | モコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モコちゃんまた大変な事になってるんですね
3つの選択、どれをとってもつらいですね
モコちゃんの事を考えて選択をと
言われても決断できないゆきいちごさんの
気持ち痛いほどわかります。
私がゆきいちごさんだったらやっぱり決断できずにいると思います。
つらいけどがんばってくださいね。
Posted by naomama at 2006年10月20日 18:10
モコちゃん、可哀相・・・。
何と言っていいか言葉が出てきませんが、うちのアニーも避妊をしていないので、他人事とは思えません。
いずれかの決断をしなければならない、ゆきいちごさんは大変ですね。
私ならどうするだろう・・・やっぱりすぐに答えは出せません。
大切な家族の病気は本当に辛いですが、頑張って下さい。
Posted by indy&annyママ at 2006年10月20日 20:43
びっくり!!
ゆきいちごさん、大丈夫ですか??
少し冷静に考えられるようになりましたか??
何と言ってあげたらいいのやら・・
家族みんなで一番いいと思う方法を話し合って乗り切ってくださいね!!
ガンバ!!
Posted by ストロベリーママ at 2006年10月21日 21:11
☆ naomamaさんへ

避妊手術さえ済めば、モコの厄年も終わる…と思って
指折り数えて手術の日を待っていたのに
考えてもいなかった事態になってしまって…
やらなければならない手術だと言われたのに
すっかり怖気づいてしまって、まだ手術の予約に行かれずにいます。
ダメですよね…。
明日には病院に行ってきます。


☆ indy&annyママさんへ

この日の日記、女の子のママに申し訳ないな…と思いながら書きました。
心配してしまいますよね。ごめんなさいね。
避妊手術をしていない子が皆、病気になってしまうわけではないですもの。
元気で何事もなく、長生きしてくれる子がほとんどだと思います。
モコは、不運にも腫瘍の出来やすい体質のようです。
でも、考えてみれば、今のところ『悪性』ではないと思うので
割り切って早く手術を受けてしまうべきですよね。
長生きして欲しいから、前進しなくちゃいけないですよね・・・。

☆ ストロベリーママさんへ

モコは丈夫な子でした。だから、病気とはこのままずっと縁が無いと信じていました。
それなのに…。
家族と相談して、避妊手術無しの乳腺全摘出をお願いすることに
決めました。あとは私が手術の予約をしに行くだけ。
それなのに、最後の一歩を踏み出す勇気がなかなか…。
胸からお腹一面、切り取られてしまうなんてこわいよ(ノ_-、)
腫瘍なんて出来てても、モコはいつも通り元気。
このままでも大丈夫なんじゃない?
いつか消えるんじゃない?と、思いたいのですが
お医者さんは首を横に振ってた…。

明日には予約に行って来ます。これ以上グズグズしていると
家族に怒られてしまうから…


Posted by ゆきいちご at 2006年10月23日 15:31